守田幹と張浩浩の顔画像やSNSは?薬局はどこ?中国人の密売人に向精神薬を横流し!!

守田幹と張浩浩の顔画像やSNSは?薬局はどこ?中国人の密売人に向精神薬を横流し!!

医師の処方箋が必要な向精神薬を中国人の密売人に横流ししたとして、薬局を経営する薬剤師の男が逮捕されました。

逮捕された守田幹容疑者と張浩浩容疑者の顔画像はあるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

事件の詳細をみてみましょう。

麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕されたのは、兵庫県内で薬局を経営する薬剤師の守田幹容疑者(54)です。近畿厚生局麻薬取締部神戸分室によりますと、守田容疑者は先月上旬ごろ、向精神薬約500錠を医師の処方箋を持っていない中国人の張浩浩容疑者に販売した疑いがもたれています。

 張容疑者が管理する東京都内の倉庫からは約13万点の薬が押収されていて、麻薬取締部は張容疑者がSNSなどを通じて、中国で人気の日本の薬を違法販売していたとみて調べています。

MBSより引用

MBSより引用

守田幹容疑者と張浩浩容疑者のプロフィール

 

氏名:守田幹

年齢:54歳

職業:薬剤師

住所:兵庫県

 

氏名:張浩浩

年齢:34歳

職業:不詳

住所:千葉県松戸市

 

顔画像については、現在報道などでも公開されていませんでした。

MBSより引用

こちらはわかり次第更新していきます。

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。

守田幹 Facebookアカウントの検索結果

張浩浩 Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

犯行動機とは?

一体、犯行動機とはなんだったのでしょうか?

ここで考えられるのは、守田容疑者と張容疑者は元からビジネス的な繋がりがあり、中国で日本製の藥を売れば高く売れるのではと提案。

それを守田容疑者が承諾し、横流しをしていたのではないかと思われます。

そうなると単にお金目的で藥を売っていたという風に解釈できますよね。

ただ、こちらはあくまで推測ですので、詳しいことがわかり次第更新していきます。

薬局はどこ?

報道によると、犯行現場となったのは・・・

・兵庫県内の薬局

と公開されていました。

その場所の画像がこちらになります。

MBSより引用

この画像からミキ薬局であることが明らかとなりました。

その場所を地図で示すとこちらになります。

それにしても、薬剤師がこういった行為をしていたとは驚きですよね。

しっかり反省してほしいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

NEWSカテゴリの最新記事